障害年金のことなら「北大阪障害年金相談センター」にお気軽にご相談ください。

障害年金専門・寺田社会保険労務士事務所

北大阪障害年金相談センター

〒532-0011 大阪市淀川区西中島6-3-32 第2新大阪ビル303号室

06-6300-7956

営業時間

9:00~18:00(土日祝を除く)
土日祝も面談対応可能です
(要事前予約)

お気軽にお問合せください

肛門・直腸・泌尿器の障害

肛門・直腸・泌尿器の障害で障害年金に該当する基準

肛門・直腸・泌尿器の障害について下の等級表のように認定されます。

 

障害の程度障害の状態
1級下記2級に該当した上で、全身状態、術後の経過及び予後、原疾患の性質、
進行状況等により総合的に判断され1級と認められる程度の方
2級・人工肛門を造設し、かつ新膀胱または尿路変更術を施した方
・人工肛門を造設し、かつ完全排尿障害状態にある方(完全排尿障害状態とは
 カテーテル留置または自己導尿の常時施行を必要な状態をいいます)
3級・人工肛門を造設した方
・新膀胱を造設、または尿路変更術を施した方

(平成27年6月改正点)

・人工肛門を増設した場合などの障害認定を行う時期が見直されます。

・・・人工肛門を造設した場合や、尿路変更術を施した場合、完全排尿障害状態となった場合の障害認定を行う時期がこれらの状態になってから6カ月を経過した日(初診日から起算して1年6カ月を超える場合を除く)に見直されます。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6300-7956

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)