障害年金のことなら「北大阪障害年金相談センター」にお気軽にご相談ください。

障害年金専門・寺田社会保険労務士事務所

北大阪障害年金相談センター

〒532-0011 大阪市淀川区西中島6-3-32 第2新大阪ビル303号室

06-6300-7956

営業時間

9:00~18:00(土日祝を除く)
土日祝も面談対応可能です
(要事前予約)

お気軽にお問合せください

肝臓の障害

肝疾患障害は、検査成績及び自覚症状・他覚所見・一般 状態・日常生活状況などを総合的に評価して認定されます。

肝硬変は、その発症原因によって病状などが異なる為、各疾患固有の病態に合わせて障害認定されます。

肝臓の障害について下の等級表のように認定されます。

障害の程度障害の状態
1級下記表①の検査成績及び臨床所見のうち高度異常を3つ以上示す方
または高度異常を2つ及び中等度の異常を2つ以上示す方で、かつ、
身のまわりのことも出来ず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、
活動の範囲が概ねベッド周辺に限られる方
2級下記表①の検査成績及び臨床所見のうち中等度または高度の異常を
3つ以上示す方で、かつ、
(ⅰ)身のまわりのある程度のことは出来るが、しばしば介助が必要で、
         日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出などがほぼ
         不可能な方
または
(ⅱ)歩行や身のまわりのことは出来るが、時に少し介助が必要なことも
         あり軽労働は出来ないが、日中の50%以上は起居している方
3級下記表①の検査成績及び臨床所見のうち中等度または高度の異常を2つ以上
示す方で、かつ、
(ⅰ)歩行や身のまわりのことは出来るが、時に少し介助が必要なことも
         あり、軽労働は出来ないが、日中の50%以上は起居している方
または
(ⅱ)軽度の症状が有り、肉体労働は制限を受けるが、歩行・軽労働・軽い
         家事・事務などは出来る方

表1.(肝疾患での重症度判定の検査項目及び臨床所見並びに異常値の一部例示)

肝疾患障害は、検査成績及び自覚症状・他覚所見・一般 状態・日常生活状況などを総合的に評価して認定されます。

肝硬変は、その発症原因によって病状などが異なる為、各疾患固有の病態に合わせて障害認定されます。

肝臓の障害について下の等級表のように認定されます。

検査項目/臨床所見基準値中等度の異常高度異常
血清総ビリルビン(mg/dl)0.3~1.22.0以上
3.0以下
3.0超
血清アルブミン(g/dl)
(BCG法)
4.2~5.13.0以上
3.5以下
3.0未満
血小板数(万/µl)13~355以上10未満5未満
プロトロンビン
時間(PT)(%)
70超~13040以上
70以下
40未満
腹水腹水あり難治性腹水あり
脳症Ⅰ度
(★別途、基準有)
Ⅱ度以上
(★別途、基準有)

※★に関しましては別途、基準がございます。詳細は当事務所までご確認下さい。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6300-7956

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)