障害年金のことなら「北大阪障害年金相談センター」にお気軽にご相談ください。

障害年金専門・寺田社会保険労務士事務所

北大阪障害年金相談センター

〒532-0011 大阪市淀川区西中島6-3-32 第2新大阪ビル303号室

06-6300-7956

営業時間

9:00~18:00(土日祝を除く)
土日祝も面談対応可能です
(要事前予約)

お気軽にお問合せください

障害年金の問題点

障害年金の手続きを進める際には、医師に診断書を記入して頂く必要がございます。

診断書は、障害年金の認定に関して最重要書類であることは間違いありません。

この診断書に関して年金の申請をお考えの方や、申請をされた方から、たくさんの「不満の声」や「お困りの声」を頂戴いたします。

「不満」や「お困り」の原因の大半が医師にご記入いただく診断書が実際の症状よりも軽い程度に記入されてしまっている。あってはならない事ですが、障害年金を申請される方の日常生活の実態とかけはなれた記述がされてしまっている事です。

「なぜこのようなことが起きてしまうのか?」というと、

医師は当然、年金を申請される方を24時間診ている訳ではなく、現在の医療の現場の現実からいっても、一人一人の患者様に時間を割いて日常生活について詳しくヒアリングしている時間が取れないため、お一人お一人の日常の生活を知ることなど出来ないからです。

更に、年金を申請される方が限られた診察時間内において、日常生活を医師に100%適切に伝えることが出来るかどうかを考えると、それもまた簡単ではないように思われます。

結果として、医師により実際の病状よりも軽く書かれてしまった診断書が出来上がり、本来受け取れるはずの年金額が少なくなってしまったり、最悪の場合、年金が受け取れないといった事態になります。

医師だからといって必ずしも障害年金に精通しているとは限りません。

適切な診断書を作成して頂くためにも、障害年金を専門にしている社会保険労務士のノウハウが必要となってまいります。

年金申請をする方が不利になり損をしてしまうといったことのおこらぬよう、是非一度、当事務所にご相談ください。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6300-7956

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)